2015年07月29日

時の罠(アンソロジー)

辻村深月、万城目学、湊かなえ、米澤穂信の4人によるアンソロジー集。

これ、読んだような気がするんだけど・・・と思って、このブログで確認してみたけど読んでない(記事がない)。読んでなかったか!と手にして読み始めて・・・あれ~?やっぱ読んでる?・・・いや、読んでない!を行きつ戻りつしながら読了しました(笑)自分の記憶がめちゃくちゃ曖昧なんだけど、記事にはしてないようなので!ということで(笑)

辻村作品と湊作品は既読でした。とはいえ、辻村作品をどこで読んだのかが、ホントわからなーい;;;もしや、やっぱり、この短編集を読んでたのか、なぁ・・・。

そんな不安(?)は無視して、ちょこっと感想をば。


・タイムカプセルの八年(辻村深月)
この先生にはムカついたけれど、お父さん達の愛情にホロリ。親というのは、こうやって子供の知らないところで色んなことをやってくれてるんだろうなぁと、そんなことを思ったのでした。私に子供はいないけれど、姪っ子たちのことを想いながらコッソリあれこれやってたりもするんですよね。伯母という立場でもこれなんだから、親ならもっと色んなことがあるんだろうなぁ。こういう風に、私の知らないところで、私の親もアレコレやってくれたのかもしれないなぁ。まぁ、それが嬉しいことばっかりとは限らないけれど(笑)「親の心子知らず」というのは、まさにこういうことなんでしょうね。もっと、親に感謝しなくちゃなぁと、そんなことも思ったのでした。

・トシ&シュン(万城目学)
最後に「そっちかーっ!」と突っ込みを入れてしまった(笑)まさか、そうくるとは思わなかったので、予想外の展開に驚きました。でも、面白かった!万城目さん、さすがだなぁと思ったのでした。

・下津山縁起(米澤穂信)
うわ、そうきたかー!と、これも驚きの展開。最初は、「これ、どういうお話なんだ?」という感じで、なかなか乗れなかったりもしたんだけど、読んでいく内にズルズルとはまってしまった、そんな印象でした。山が意思を持つという発想が面白かった。

・長井優介へ(湊かなえ)
これは、既読。おまけに、ラストも覚えてたので「衝撃!」というのはなかったけれど、改めて読んでも良いお話でした。





(2015.07.1 読了)






時の罠 (文春文庫)
文藝春秋
2014-07-10
辻村 深月

Amazonアソシエイト by 時の罠 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

posted by すずな at 12:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

◆2015年6月の読書

え~さて。
ようやく6月のまとめです;;;すでに7月中旬ですねぇ。どうしてこんなに遅くなっちゃったのか・・・。それは私にも分かりません(笑)
とかなんとか、グダグダ時間稼ぎをせず、とっとと行きます(^-^;


1.ブルースカイ(桜庭一樹) ★★★☆
2.絹更月怪異録~摩楼館怪奇事件簿~(澤村有希)
3.ごんたくれ(西條奈加) ★★★★
4.五十坂家の百年(斉木香津)★★★★★
5.NO.6 #8(あさのあつこ) ★★★
6.怪盗の伴走者(三木笙子)★★★★
7.NO.6 #9(あさのあつこ)★★★
8.ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン(小路幸也)★★★★★
9.武道館(朝井リョウ)★★★★★
10.おやじネコは縞模様(群ようこ)★★★★★


2015年6月の読書は10冊。5つ★は4冊。
2015年合計65冊。月平均11冊。


ふー。なんとか月10冊はクリアです!ヨカッタ。
と、読んだ冊数は少ないですが、充実した読書は出来たようで、そっちは大満足~♪7月の読書も量より質で勝負でーす(笑)←既に、あんまり読めてないらしい^_^;



小説以外では、漫画版「図書館戦争」が本編最終巻となりました。

◆漫画版「図書館戦争LOVE&WAR 」(弓きいろ)15巻


Amazonアソシエイト by 図書館戦争 LOVE&WAR 15 (花とゆめCOMICS) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



病室での郁ちゃんの告白やらニマニマニヘニヘ箇所多数であります。アヤシイヒト確率高し(笑)
ニヘニヘしつつ、とうとう最終巻かぁとしみじみもしちゃいました。個人的に原作のイメージが崩されることなく、ストレスフリーで読めた漫画でした。本当に楽しませてもらいました。弓先生、ありがとーっ!と叫んでいたら、別冊も漫画化だそうで♪うわ~嬉しいニュースです。本編よりも甘味成分増大な別冊をどんな風に描いてくれるのか、今から本当に楽しみ!
出来れば、漫画オリジナルってことで、堂上&郁の結婚式シーンも描いてくれないかなぁ。。。



で、本以外では・・・え~何があったかな(笑)
7月も中旬になると、6月のことなんてすっかり忘れてしまってます;;;

あ、とりあえず、一つおねーさんになりました!と。
おねーさんっ!?という突っ込みは無しで。そこはほれ、ね、オトナの優しさを発揮してもらえれば(笑)
・・・んな冗談はおいといて。

今年も、いろんな方に、いろんなカタチで、お祝いをしてもらいました。”バースディ・ウィーク”と呼びたくなるくらい、誕生日前後には日々、我が家に運送屋さんがやってきまして。もう、ビックリやら嬉しいやらでありました。ありがたいことだなぁとしみじみ。。。
この場を借りて改めて感謝の気持ちをお伝えしたい。
みんな、本当にありがとう♪笑顔一杯の一年になるようがんばりまーす!


(2015.07.15)
ラベル:読書記録
posted by すずな at 12:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

おやじネコは縞模様(群ようこ)

ご近所の動物たちを温かい目線で描いたエッセイ集。

友人から誕生日プレゼントとして貰いました。本のプレゼントってあんまり貰ったことがないので、なんだか新鮮で、ちょっと(てか、かなり)嬉しかった!群さんの小説は時々読みますが、エッセイは初めて。表紙からしてモロ私好みな感じで、ワクワクしながら読みました。


面白かったーーーっ!!
表紙になっている外ネコ(というか、野良猫)のしまちゃんのエピソードが満載で、読んでる途中からすんごい会いたくなっちゃいました。

それにしても、このしまちゃんの描写がね~。読みながら、すんごい親近感を感じたんですよ。というのも、我が家にやってくる、ふてぶてしい野良猫(通称みーちゃん)にそっくりなんですもん!先ず鳴かない。鳴かずにじーーっと座って「ご飯くれー!」な念を送ってくる。そして、「ご飯くれくれー」って来るわりには、あげようと近づくと「しゃーっ」って威嚇するんですよね。「そんな言わないのー!」って言いながらあげるんだけど、みーちゃんだけじゃないのか!と分かって、ちょっとホッとしたというか何というか(笑)他の描写もソックリで、思わず母にも読ませたら「みーちゃんソックリ!」と同意してくれました。

猫ちゃんの記述にほっこりしつつ、大笑いしたのが蚊のエピソード。気持ちは分かりますよ。私も「ぷい~ん」という羽音を聞いただけで落ち着かなくなるし、なんとか駆除しなきゃと必死になりますもん。でも。でもっ!群さんには負けた(笑)蚊との攻防戦に、そ、そこまでするーっ!?と突っ込みつつ、笑いが込み上げてきて・・・。いや~楽しませてもらいました。

他にもお友達の家の犬の不思議な習慣とか、木彫りのクマのこと、ハツカネズミやサルと、色んな動物やエピソードが満載。どれも、作家さんってすごいなぁと思えるようなユニークな視点や、愛情たっぷりな文章に笑わされたり癒されたりしました。

最後は、まさかのエピソードで!しまちゃぁーーーん!!と叫びたい。でも、ピンク色の”あぶちゃん”には思わず笑いが・・・。その姿を想像して、読みながらニマニマしちゃいました。

最初から最後まで笑わせてもらって楽しい読書となりました。群さんの他のエッセイも読んでみたいと思いました。


素敵な本をプレゼントしてくれた友人に心から感謝。ありがとう!!




(2015.06.30 読了)




おやじネコは縞模様 (文春文庫)
文藝春秋
2014-12-04
群 ようこ

Amazonアソシエイト by おやじネコは縞模様 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ラベル:読書 著者(ま)
posted by すずな at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。